ツクールと無理心中

RPGツクール2000/2003に身を委ねるBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

未完成病#001

作者が本格的にツクールを患った「RPGツクール3」の話をします。

妄想が具現化するゲーム、RPGツクールですが
1や2は制限の多さもあり、実際に妄想を全て詰め込んだ一品は作れないに等しかった。
舞台をプレイステーションに移したRPGツクール3こそ、今なお輝く家庭用機最高峰のツクールです。
少なくとも、メッセージウィンドウにテキストを流すだけのゲームならほぼ無制限に作れる。

戦闘だゲームバランスだというより
「お話を考える」事が大好きだった当時の僕にはまさにうってつけ。
寝る間も惜しんでお話作りに没頭する日々が始まってしまうのでした。

ただ、細かい点で不満も多々あり、後の話ですが
PC版ツクールである「RPGツクール2000」を触った時には
家庭用とPC、こうも違うのか…とカルチャーショックを受けたことも記しておきます。
スポンサーサイト
  1. 2009/10/26(月) 00:00:00|
  2. 未完成病
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:みどり
一応、作ってる人。
W-T Software

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツクールを患った日記 (57)
未分類 (0)
未完成病 (1)
ツクール師匠 (1)

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。